Brown Rollの店内がオシャレすぎる

Brown Rollの店内がオシャレすぎる

「えっ?これ全部Tommyさんが描いたんですか?」

先日、シナモンロールが看板商品の沖縄市コザ中央に店をかまえるBrown Rollさんを取材させてもらったときのこと。

(そのときの記事はコチラ↓)

店内がものすごいオシャレで、いたるところに、いまで言うインスタ映えするデザインがあるので、、、

「これって誰が書いたんですか?」

と聞いたところ、店主のTommyさんから「これ私が書いたんです」との返答が返ってきました。

「えっ!?」と驚きつつ、さらに聞いてみると、デザイン関係の仕事についていたとかではないんだとか。

それにも関わらず、そのデザインっていうのが、あまりにもオシャレで、「Brown Rollってシナモンロールだけじゃなくて、店内のデザインも楽しめるじゃん!!」と思ったので、今回はその数々をご紹介します。

絵がシャレオツすぎる

まず入ってみると分かるのですが、お店自体がすごくオシャレなんですよね。

(まるで、ドラマに出てくるようなオシャレさ)

そんなオシャレな店内に足を踏み入れると、すぐに目につくのがコチラの絵。

まるで海外のまち並みを連想させる細かいデザイン。これを自分で描いたというから驚きです。

そして、注文場所であるカウンターの下という細かいところにもデザインが隠されています。

こんな視界に入りにくいところまでデザインの手を抜かないのがすごい。

さらに、店の奥には、、、

Brown Rollの看板商品であるシナモンロールが描かれています。

トイレのドアにも、、、

どこか高級感を感じさせるデザインが。

レジとフロアの出入り口には、、、

店名であるBrown Rollのロゴが描かれています。

いま、ご紹介させてもらったデザインの数々は、ウォールステッカーというものだそうです。

そして、ガラスに描かれた文字も、、、

Tommyさんの手書き。

店内はお世辞にも広いとは言えませんが、そんな間取りの中でも、しつこさを感じさせないオシャレなデザインが居心地の良い空間を生み出しています。

絵だけじゃないよ

さらに、Tommyさんは絵だけじゃなくって、、、

この看板のようなものもTommyさんが廃材から作ったものなんだとか。アンティークの家具屋さんで売られていてもおかしくないレベルのクオリティ。

このフライヤー置きもそうです。

そして、トイレに設置されている、このゴミ箱も、、、

TommyさんがDIYしたものなんだとか。普段、ゴミ箱としか言わない私でさえも、「ダストボックス」とオシャレに呟きたくなるほどのオシャレさ。

このようにブラウンロールはシナモンロールだけでなくって、デザインも楽しめる店舗になっています。

まとめ

ということで、今回、沖縄市コザ中央に店をかまえるBrown Rollのオシャレなデザインについてご紹介しました。

もはや「シナモンロールだけでなくって、デザインでも仕事出来るんじゃないか」と思ってしまうレベルです。

ちなみに、店主のTommyさんに聞いたら写真撮るのもOKとのことなので、、、

ただ、他にお客さんがいるときや、忙しいときは、邪魔になってしまう可能性があるので、写真を撮る際は状況を見てからを忘れずに。

Brown Rollに来たときはシナモンロールだけでなく、ぜひ店内のオシャレなデザインも楽しんでくださいね。

店舗情報

Brown Roll(ブラウンロール)

【営業時間】

月~金8:00~17:00

土・日11:00~17:00

【住所】

沖縄県沖縄市中央1-31-15

コザで朝食を食べてみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワという店舗にてコザ近辺では珍しい朝食サービスを行っています。 仕事がお休みの日など、少しだけ早起きして当店の朝食を楽しみながら、ぜひ朝のコザを楽しんでみませんか?