オフィスニーフェの「リアルすぎる生き物Tシャツ」が攻めすぎぃ

オフィスニーフェの「リアルすぎる生き物Tシャツ」が攻めすぎぃ

「なんじゃこりゃあ!!」

このコザまちマガジンでは、沖縄市コザのまち情報を発信するということで、店舗の方に取材をさせてもらう機会があるのですが、、、

以前とある店舗を取材させてもらったとき強烈なインパクトの商品を発見したんです。

それが沖縄市コザ一番街商店街に店をかまえるクリエイターショップ、オフィスニーフェの「リアルすぎる生き物Tシャツ」

このTシャツがあまりにも攻めていたので、ぜひ紹介させてください。

オフィスニーフェへ

というわけで向かったのがコチラ。

沖縄市コザ一番街商店街に店をかまえるクリエイターショップニーフェです。

このお店にあるTシャツが、ヤバいんです…

それがコチラ。

ゴキブリのTシャツ、、、

ムカデのTシャツ、、、

ムカデとヤスデとヘビのTシャツ、、、

ヤモリのTシャツ、、、

どうでしょう。めちゃくちゃリアルすぎませんか?(笑)

特にゴキブリのデザインのTシャツに関しては「攻めすぎ(笑)」と思ってしまわずにはいられません。

「なぜ、このTシャツを作ったのか?」気になってしまいます。

それに、「このTシャツ誰が買うの?」と疑問が浮かんだのですが、、、

どうやら順調に売れているそうなんですよね。

こうなると、「どんな人が買うのか?」気になってきます。

というわけで、詳しい話を聞くべくオフィスニーフェ店長の濱田さんとイラスト担当の稲嶺さんにお話を聞いてみます。

イベントに出店するために

(左:濱田さん、右:稲嶺さん)

編集部:よろしくお願いします。

濱田さん・稲嶺さん:よろしくお願いします。

編集部:濱田さん、稲嶺さん、このTシャツ最初見たとき「めちゃくちゃ攻めてるな」と思ったのですが、このTシャツを作ったキッカケとかってあるんですか?

濱田さん:実はこのTシャツを作ったのにはレプタイルズワールドというイベントが関係しているんです。

編集部:レプタイルズワールド!?

濱田さん:このイベントは爬虫類(ヤモリなど)、両生類(カエルなど)、猛禽類(フクロウなど)といったペットショップではあまり見かけることのない動物たちの展示即売会のことでして、、、

東京や大阪、名古屋といった大都市で頻繁に開催されているのですが、、、

2016年ごろかな?「レプタイルズのイベントを一度は見てみたい」と東京へ行ったんですよね。

そのときに「うわ~!!楽しいイベントだー‼」と思って、今度はお客さんとしてじゃなく出店する立場として参加したいと考えたんです。

当時私の弟がフクロウやフクロモモンガを飼っていることもあって、フクロウのとまり木やフクロモモンガの小屋を作っていたのでそれを出品しようと思ったんですよね。

でも、それだけじゃなくて、「グッズも販売できたらなぁ~」と思ってイラストレーターとして活動している稲嶺(妹)に声をかけたんです。

そこから、弟、妹、私と旦那さんの4人で商品開発がスタートしました。

編集部:それで、このゴキブリTシャツを作り始めたってことなんですね。

濱田さん:いえ、実はそうゆうわけではないんです(笑)

最初はフクロウを可愛らしくキャラクター化してTシャツを作ったのですが、、、

私たちが予想していたより売れなかったんですよね(笑)

どうやら、このイベントに参加している人たちは、リアルさを求めているようで。

それで、「じゃあ、とことんリアルにしてみよう」と思って、まずはムカデとヘビのデザインを妹に作ってもらったんです。

編集部:へぇ~。ここまで攻めたTシャツを作ったのは、イベントに参加するお客さんの要望がキッカケなんですね。

いざ販売してみると

編集部:実際販売してみてからのお客さんの反応ってどんな感じだったんですか?

稲嶺さん:ほぼ完売に近い状態になるほど売れました・・・!!

濱田さん:そうそう。すぐ売れちゃったよね!!

編集部:すげー!!やっぱ男性が買っていく感じですか?

稲嶺さん:そう思うじゃないですか?実は、女性も買っていくんですよ。

編集部:へぇ~!!

すみません…正直はじめて見たときは「誰が買うんだ?」と思ってました…(笑)

稲嶺さん:私も逆の立場だったらきっとそう感じると思います(笑)

でも、このイベントに参加されるようなマニアの方はやっぱりリアルなのを求めていたみたいで、、、

おかげさまで毎回大繁盛です(笑)

それに、お客さんの方から「ムカデとヘビじゃなくて、ムカデだけのTシャツってないの?」とかっていう声ももらえて、、、

そのような声が新しいデザインのTシャツのヒントになっていますね。

予想外の反応が・・・!!

編集部:じゃあ、今後もイベントに参加される人に向けて作っていくという感じでしょうか。

濱田さん:それもそうなんですが、実は予想外の出来事があって、、、

編集部:予想外?

濱田さん:このお店が商店街の中にあるっていうことで、商店街のご年配の方もお店に遊びに来てくれることがあるのですが、、、

特におばちゃん達がこのTシャツを見て「面白いさ~」と喜んでくれるんですよね(笑)

編集部:え~!!おばちゃん達がですか。

濱田さん:そうなんです(笑)

私も妹も、これは大衆受けするものではなくって、ニッチといいますかマニアの人が喜ぶものと思っていたんで、フラッとお店にはいってきた人が買っていってくれることもあってそこは嬉しい誤算でしたね。

まとめ

ということで、今回はオフィスニーフェにて販売されているリアルすぎる生き物のTシャツについて迫ってみました。

イベントに出展することもあるとのことなのですが、常時実際に商品を目に出来るのは沖縄市コザにある店舗のみとのことです。

サイズはS・M・L・XL・XXLの5サイズ展開。

カラーは黒とカーキの2色。

お値段はS・Mが2,500円(税込)、L・XL・XXLが3,000円(税込)となっております。

着ているだけで、注目を浴びるTシャツだと思います。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗概要

デザインオフィス ニーフェ

店内コーナーにて

  • Kbm Animation
  • ハンドメイドchamochamo

【営業時間】

12:00~18:00

【定休日】

火曜日

【オフィスニーフェFacebookページ】

https://www.facebook.com/officeniife/

【ネットショップ chamochamo】

https://chamochamo.com/

【住所】

沖縄県沖縄市中央1丁目18−1 喜友名店舗102

【Kbm Animation】

http://kmakino.wixsite.com/film

【Kbm Animation ネットショップ】

https://suzuri.jp/MAKINO_Ken

コザで夜を楽しみながら泊まってみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワというホテルを運営しております。 沖縄県民かつ、平日なら県民割が適用されお得に泊まれちゃうんです!!