見るだけで楽しいクリエイターズショップがコザに誕生!!

見るだけで楽しいクリエイターズショップがコザに誕生!!

またまた見つけちゃいました。

先日、沖縄市コザの一番街商店街をさまよっていたときのこと。

「こ、、、これは、もしや・・・!!」

そう、コザにまた新たな店舗がオープンしていたのです!!

これはコザまちマガジンの編集部として黙ってられないッ・・・!!

というわけで、おそらく新しくオープンしたであろう店舗へお邪魔させていただきました。

いざ店舗へ

若干緊張しつつ、扉を開きます。

パッと見た感じ、雑貨屋さんのような雰囲気です。そんな店内に足を踏み入れ、「こんにちは~」と声をかけると、、、

「は~い」という優しい声と共に、女性がやってきました。

編集部:こんにちは。新しいお店が出来たんだと思って、お邪魔させてもらったのですが、一体どんなお店かお話聞くことは出来ますか。

女性:あぁ、そうだったんですね。濱田と申します。じゃあ、あちらでお話しましょうか。

ここってどんなお店?

編集部:ズバリお聞きしたのですが、ここってどんなお店なんですか?

濱田さん:この店は、クリエイターの作品を展示販売している、ショップ&ギャラリー&制作工房です!

編集部:ショップ&ギャラリー&制作工房・・・?なんだか盛りだくさんですね。

濱田さん:はい。お店を3つのコーナーでシェアしている感じです。ちょっと分かりにくいかもしれませんね。

編集部:3つのコーナー?

濱田さん:えぇ。まず1つ目が、県内で活動しているクリエーターさんの作品を販売しているchamochamo(チャモチャモ)コーナーです。ハンドメイドのものが多いのが特徴的ですね。

編集部:パッと見た感じ、デパートとかでは見たことがない商品のように感じるのですが、、、

濱田さん:まさにそうなんです!!ここだけでしか販売していない作品が多いのも特徴なんです。

編集部:ここだけでしか販売していない商品ですか!!いいですね~。

濱田さん:2つめが、アニメーション作家の牧野謙さんという方の作品を展示するKbm Animation(ケイビーエム・アニメーション)コーナーです。彼は、コマ撮りという手法を用いてアニメーションを作る方なんですが、その際に使用したフィギュアを展示しているんです。

編集部:これすごいですね!!ぶっちゃけた話、全く未知の世界なんですけど・・・(笑)それでも、コレすげーと思ってしまうほど、作り込まれているというか、クオリティがすごいです。

濱田さん:ありがとうございます(笑)実際、ここに来てくれるお客さんからも好評で、このフィギュアを見て「これは買えないの?」という声をいただくことも少なくないんです。

編集部:販売はしていないんでしたっけ?

濱田さん:現在は展示だけですが「購入したい!」という声をいただいているので、作者の牧野謙さんが、今後グッズ化も検討したいと言っています。あっ!!でも、フィギアのポストカードは販売しているので、興味のある人はぜひポストカードを買って下さい(笑)

編集部:ちなみに、これって写真撮るのはOKなんですか?

濱田さん:もちろんです!というか、ぜひ写真を撮ってSNSで紹介しもらえるとすごく嬉しいです!

濱田さん:そして、3つ目がガラス細工のコーナーです。

編集部:ガラス細工ですか?どちらにあります?見当たらないのですが、、、

濱田さん:そう(笑)このガラス細工は私自身が、制作して販売していくものなんだけど、まだ準備の途中なの(笑)

編集部:じゃあ、これから販売していくって感じですか?

濱田さん:そうですね。販売ももちろんなんですが、少人数のワークショップも予定しています。

お店をオープンした理由

編集部:すごい独特といいますか、個性的なお店だなーと思ったのですが、お店をオープンした理由をお聞きしてもいいですか?

濱田さん:私自身、広告代理店に勤めた後にフリーランスになり、これまでグラフィックデザイナーとして仕事をしてきたのですが、仕事をしながら作品をつくるのも難しかったし、収入の面でもクリエイター(作家)へシフトすることがなかなかできなかったんです。

編集部:たしかに、クリエイターがその活動だけで食べていくっていうのは、難しいイメージがあります。

濱田さん:実際、メインの仕事をやりつつ作品づくりしている方が少なくありません。でも、私がそうだったように、多くのクリエイターは「自分の作品で生計を立てたい」と思っているんですよね。

編集部:ネットショップとかはダメなんですか?

濱田さん:たしかに今はネットショップも作れたりして、店舗を持たなくても自分の作品を販売することは出来るんだけど、やっぱりお客さんの立場になると実物を見たいと思うのが当然だと思うし、、、

高ければ高いほど、ネットだと実物を観れない分躊躇してしまうのが普通だと思うんです。私が買う側なら、実物見れるなら見て買いたいですもん(笑)

編集部:たしかに!!買うのなら商品を直接見たり手にしたいですね。

濱田さん:なので、クリエイターの作品を直に見たり購入できる場所があればとオープンしました。

編集部:そういう理由だったんですね。ちなみに、実際オープンしてみてお客さんの反応はどんな感じですか?

濱田さん:やはり、見たことのないクリエイターの作品には、皆さん興味津々ですね。あと、沖縄市ということもあってか外国人の方も多くって面白い反応をしてくれますよ。ゴキブリがプリントされているTシャツを見て「クレイジー」と喜んでいたりと、手ごたえは感じていますね。

ちなみに、濱田さんいわく、「外国人の方はジョークと思っているんだろうけどこっちは真剣。でも喜んでくれているし、なんだか複雑な気分…」とつぶやいていました(笑)

編集部:なんだか外国人の方らしい反応ですね(笑)

濱田さん:それに、人によっては「こんなTシャツ誰が買うの?誰が着るの?」と言う人もいるんだけど、イベントなどでブース出展したら完売するんですよね。

なので、ウケる人にはウケるというのは感覚的に感じているので、ここでしか買えないクリエイター独特の個性的な作品に価値を感じてくれる人に、ぜひ来てほしいですね。

あっ!!でも、逆に「なにこれ?こんなの誰が買うの?」という人に来てもらうのもアリかな?最初はそういう風に思っていても、いつのまにかハマってしまう。そんな自由でのびのびした作品を届けていきたいと思っています。

まとめ

ということで、今回は沖縄市コザに出来たデザインオフィスにお邪魔させていただきました。

独特なデザインのTシャツがあったり、細部までこだわって作られているフィギュアがあったりと見るだけでも楽しい店舗になっています。

ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗概要

デザインオフィス ニーフェ

店内コーナーにて

  • Kbm Animation
  • ハンドメイドchamochamo

【営業時間】

12:00~18:00

【定休日】

火曜日

【オフィスニーフェFacebookページ】

https://www.facebook.com/officeniife/

【ネットショップ chamochamo】

https://chamochamo.com/

【Kbm Animation】

http://kmakino.wixsite.com/film

コザで朝食を食べてみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワという店舗にてコザ近辺では珍しい朝食サービスを行っています。 仕事がお休みの日など、少しだけ早起きして当店の朝食を楽しみながら、ぜひ朝のコザを楽しんでみませんか?