おやかわ呉服店の浴衣レンタルが神すぎる

おやかわ呉服店の浴衣レンタルが神すぎる

「浴衣で祭りに行ってみたい…」

そう思ったこと一度はありませんか?

普段着ではなく、浴衣で祭りへ行くのはやっぱり風情があると言いますか、自然と気分も盛りがってきそうですよね。

特に沖縄は夏が似合う地域なので、、、

  • 全島エイサーまつり
  • 海洋博公演花火大会
  • 那覇大綱引きまつり

などなど、浴衣で行くとより祭り気分を味わえると思います。もちろん、地域の祭りで楽しむのもいいですよね。

でも、祭りなどに行くと浴衣を着ている人を見かける一方、多くの人にとって浴衣を着けるというのはハードルが高いものではないでしょうか。

まず「年に一回着るか着ないものにお金をかけるのはちょっと、、、」と思っていますし、、、

仮に買ったとしても、「じゃあどうやって着けるの⁉」と着付けという高い壁が立ちふさがります。

例えば、旅番組なんかを見て「ここ行ってみたい‼」と思いはするものの、労力や金額を考えると二の足を踏んでしまうように、ちょっとハードルを感じてしまうラインだと思います。

そんな私たちのわがままな気持ちを察しているかのごとく、沖縄市コザ一番街商店街のとあるお店で、浴衣のレンタルサービスを行っているという情報を仕入れました。

車のレンタルや、DVDのレンタルは聞いたことあるのですが、「浴衣のレンタル」なんて聞いたことがりません。

とゆうことで、浴衣のレンタルサービスを行っているお店へ話を伺ってきました。

おやかわ呉服店へ

浴衣のレンタルサービスを行っているというお店がコチラ、沖縄市コザ一番街商店街に店舗を構えます、呉服の店おやかわ‼

「こんにちは~」と声をかけると出迎えてくれたのが、、、

店長の親川剛さんです。

親川さんは呉服店の店長を務めるだけでなく、沖縄市一番街商店街振興組合の理事長を務めるなど、まちに積極的に関わっている素晴らしい方です。

編集部:親川さん、こちらのおやかわ呉服店で浴衣のレンタルサービスを行っているとお聞きしたのですが、、、

親川さん:はいはい。やってますよ~。

編集部:詳しくお話をお聞きしてもよろしいでしょうか。

親川さん:いいですよ~。

レンタルサービスがはじまったキッカケ

編集部:浴衣のレンタルって、なんとなくイメージはつくのですが、車のレンタルやDVDのレンタルと違ってなじみはないじゃないですか。

親川さん:そう言われればそうですね。

編集部:なので、レンタルサービスの内容についてお聞きしたいです。

親川さん:だったら、レンタルを始めた経緯から説明しましょうか。

編集部:よろしくお願いします。

親川さん:もともと振袖のレンタルは行っていて、夏になるとお客さんから「浴衣のレンタルはないの?」というご要望が多かったんです。

編集部:お客さんからの要望ですか。

親川さん:はい。それで、考えてみると浴衣ってしょっちゅう着るわけでなないし、着付けも簡単じゃない。それに、洗い方や保管方法も一般の方にとっては謎な部分が多いですよね。

編集部:確かに、その印象はありますよね。

親川さん:そうでしょ。だから、浴衣を着たいと思ってもハードルが高い部分があるということで、浴衣のレンタルサービスを始めたんです。

編集部:なるほど。みんなが着やすいようにってことで始められたんですね。

レンタルサービスについて

編集部:一番大事な部分をお聞きしたのですが、レンタルの料金っておいくらなんですか?

親川さん:料金は1泊2日で2,500円です。

編集部:えっ!?2,500円ですか?

親川さん:はい。女性で言えば、浴衣、帯、スリップ、腰ひも、げた、巾着。これら一式で2,500円になってます。

編集部:これだけ揃って2,500円‼

親川さん:ちなみに、レンタルされた方に限り希望する方には無料着付けも行っています。

編集部:着付けが無料!!

この人はサービス精神が旺盛なのか、それとも呉服店や理事長の仕事に疲れすぎて値段設定を間違えてしまったのか、そう心配してしまうほどの価格(笑)

親川さん:みなさん、祭りだけじゃなくって、七夕や夕涼み会、それから最近はホテルで浴衣のイベントなどがあるらしくって、友達同士とか色々なシーンで利用されてますね。

編集部:へ~。浴衣=祭りのイメージが強かったんですけど、色々なシーンで利用されているんですね。

浴衣レンタルの流れ

それでは浴衣レンタルの流れを見ていきましょう‼

①浴衣の柄を選ぶ

まずは浴衣の柄を選んでいきます。どれもキレイな柄なので、もしかしたら迷ってしまうかもしれません。そんなときはスタッフの方がいらっしゃるので、相談してみるのもいいですね。

女性は約30種類、男性は6種類の浴衣が用意されているとのこと。

②帯を選ぶ

浴衣を選んだあとは帯を選び。「最初に選んだ浴衣と合う帯はなんだろう」と考えながら選ぶのはきっと楽しい時間になると思います。

女性は22種類、男性は5種類の帯が用意されているとのこと。

③ぞうり&巾着(きんちゃく)選び

続いては、ぞうりと巾着選びです。やっぱり一式選べるのっていいですね。

④着付け

いよいよ着付けへ。呉服に長年携わってきたおやかわ呉服店のスタッフさんが行う着付けは素人目から見ても艶やかでキレイでした。

⑤完成

ついに完成‼いや~、もちろんモデルさんのキレイさも当然ありますが、さらに浴衣が加わることで、より一層美しさが引き立っていました。

まとめ

浴衣をつけるっていうのはどうしてもハードルが高いと感じてしまいますが、おやかわ呉服店のレンタルサービスなら気軽に利用できると思います。

ぜひ、おやかわ呉服店でレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ただ、七夕(7月7日)前後や全島エイサー祭りの日などは浴衣レンタルの申し込みが殺到するとのことなので、余裕を持った予約が必要とのこと。

浴衣レンタルを利用したいと思ったときは、まず事前に連絡してみるのがいいかもしれませんね。

店舗情報

おやかわ呉服店

【営業時間】

11:00~19:00

【電話】

098-937-3018

【住所】

沖縄県沖縄市中央1-4-17

 

コザで朝食を食べてみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワという店舗にてコザ近辺では珍しい朝食サービスを行っています。 仕事がお休みの日など、少しだけ早起きして当店の朝食を楽しみながら、ぜひ朝のコザを楽しんでみませんか?