潜入!!琉球芸能うとぅいむち

潜入!!琉球芸能うとぅいむち

いま、私はコザの繁華街である中の町に来ています。

と言うのも、先日ワンコインでコザを楽しめるのかという検証のため、沖縄市観光物産振興協会へお邪魔させていただいたときのこと。

事務局長の山田さんと雑談をしていると、あるお誘いをもちかけてくれたのです。

...

 

..

 

山田さん:そういえば、今度琉球芸能のプレ公演があるので遊びに来ませんか?

編集部:琉球芸能ですか?

山田さん:はい。琉球芸能ってご覧になったことありますか?

編集部:いや~、恥ずかしい話ないですね…

山田さん:意外に沖縄に住んでいるからこそ、逆にタイミングと言うか機会も無いんじゃないですか。

編集部:確かにそうですね。

山田さん:それに琉球芸能が身近な人もいれば、観光客の方や沖縄在住でもまだ琉球芸能を見たことがない人にとってはハードルがあると思うんですよね。

編集部:言われてみれば、見てみたいと思うものの、機会もないですし、どこで見たらいいかもわからないですね。システムと言うか、そういうお店で楽しむ場合、どんな料金体系になってるとか分からないので。

山田さん:まさにそうなんです。なので、実は沖縄市観光物産振興協会の新しい事業として琉球芸能を気軽に楽しむための琉球芸能うとぅいむちという取組みを行うんです。

通常の琉球芸能って1演目15分から20分程度ぐらいなのですが、この琉球芸能うとぅいむちは1演目3分~5分程度とかなり短くなっているんですよね。

編集部:短くですか。

山田さん:はい。それが10演目あり、約50分程度という時間で琉球芸能を気軽に楽しめるプログラムを作ったんですよね。そのプレ公演が近々あるので、もし良かったらどうかなと。

編集部:(これは、、、ネタになりそう・・・!!)ぜひ、行きたいです!!

 

...

 

..

 

ということで、この取組みに潜入するため、会場がある中の町にいるというわけです。

それでは、いざ会場へ。

会場はコチラ

会場がコチラ。中の町にある「なんた浜」。

昭和といいますか、雰囲気を感じさせるたたずまいです。

店内はこんな感じ。

席はシート席になっていて、前面に舞台があります。

天井にはオリオンの文字が入ったちょうちんがぶら下げられていて、何だか気分を盛り上げてくれます。

ただ、、、お恥ずかしい話、琉球芸能についての知識がなくって、楽しみ方が分かりません...

「場違いじゃないだろうか...」

と、不安になっていたのもつかのま演目がスタート。

琉装を纏った方の演目から始まり、、、

男踊り、、、

傘を使った踊り、、、

と続いていきます。

最初は、「楽しみ方が分からない」なんて思っていたのですが、、、

歌い手の生声、披露者の迫力は、琉球芸能について全く分からなくても思わず「おぉスゲェ」と、つぶやいてしまいそうになるほど夢中になっていきます。

なんだか聞きなれたメロディが...

それに、、、どことなく懐かしいメロディが聞こえてきたと思えば、、、

「これは・・・!!涙そうそう!!」

そう、沖縄県民なら誰でも知っているといっても過言ではない、夏川りみさんの涙そうそうが流れてきました。

これは、琉球芸能を始めて観覧する人にとっても嬉しいです。

やっぱり知っているものって、楽しいですからね。

そんな涙そうそうの演目にウルっときていると、、、

次に流れてきたのが「ハイサイおじさん」こちらも沖縄県民にとってDNAレベルで刻まれているメロディーと言っても過言ではないのではないでしょうか。

さっきの、静寂な雰囲気から一転、なんだか陽気な空気に様変わり。

緩急をつけて、私たちを楽しませてくれます。

いよいよ…

終盤が近づいてきました。

どうやら最後はかちゃーしーのようです。

琉球芸能の大御所、喜屋武愛香さんが演目の前にかちゃーしーの踊り方をレクチャーしてくれます。

そして、いよいよ演目へ。

会場にいたみなさん、喜屋武さんのアドバイス通り手を空に仰ぎ踊っています。

中には立って踊りだす人も...

大盛り上がりの中終演。

会場は大きな拍手に包まれました。

琉球舞踊をまだ見たことない人こそオススメ!!

いや~、あっというまでしたね。特に、後半が以上に早くて、「もう50分たったの?」と思ってしまうほどでした。

琉球芸能を始めて観戦したのですが、、、

ひとこと言わせて下さい。

楽しかった!!

確かに、1演目3~5分×10演目なら、これまで琉球芸能を見たことなかった人でも気軽に楽しめるんじゃないかな~と思いました。

沖縄に住んでいる人でも、私みたいに琉球芸能をちゃんと見たことない人って結構いると思うんですよね。

例えば、沖縄に住んでいるからこそ、首里城に行ったことがないって人が案外いるように。

そんな人にこそ、オススメですね。

ちなみに、こちらの公演は2500円でワンドリンク制なのですが、、、

今回は、アルコールなしでの参加。きっとビールと一緒にだったら、もっと琉球舞踊が楽しめたのにと、これが唯一の心残りです(笑)

まとめ

ということで、今回は「琉球芸能うとぅいむち」のプレオープンに潜入してきました。

琉球芸能って、まだ見たことなかったり、ちゃんと見たいとは思っていても沖縄に住んでいるからこそ、そのタイミングが無いという方も結構いると思うんですよね。

勝手なイメージですが、特に若い人ほど、琉球芸能を見る機会は少ないのでは。

そんな人こそオススメですね。

この琉球芸能うとぅいむちをスタートとして、がっつりコザを飲み歩きするのもいいと思います。

チケットは沖縄市観光物産振興協会で購入出来ますので、ぜひそちらでお求めください。

チケット1枚/2,500円

「家からコザが遠くて飲みたいけど飲めない...」という方へ「泊まり」はいかがでしょうか。

コザに泊まって飲み歩きするならコチラ

概要

琉球芸能うとぅいむち

開催日:ほぼ毎週末開催(詳しくは下のFacebookをご覧ください)

フェイスブック:沖縄市ナイトエンターテイメントFacebookページ

コザで朝食を食べてみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワという店舗にてコザ近辺では珍しい朝食サービスを行っています。 仕事がお休みの日など、少しだけ早起きして当店の朝食を楽しみながら、ぜひ朝のコザを楽しんでみませんか?