地元客でお昼は大盛況!!好きなおかずをチョイスできるパーラーチョキのビュッフェ方式弁当

地元客でお昼は大盛況!!好きなおかずをチョイスできるパーラーチョキのビュッフェ方式弁当

沖縄のいたるところにある弁当屋さん。きっとあなたも、学生時代には弁当を購入したり、大人になってからも仕事前に立ち寄ったり、あるいはお昼時に弁当を求めに足を運んでいるはず。

そんな私たちにとって身近な存在の弁当ですが、誰しもが一度はこんな経験あると思うんですよね。

それは、、、

「メインは好きなのに副菜がいまいち…」

もしくは、、、

「副菜はOKなのに、メインがいまいち…」

けれど、買わないわけにはいかないので「しょうがない。これでいいか」と妥協したという経験が。

実際、私自身好き嫌いが多いので、こんな経験しょっちゅうあるのですが、、、

ここ沖縄市のコザには、私のような好き嫌いが多いワガママさんにとって「ここは天国か!!」と思わず叫んでしまいたくなるパーラーがあるんです。

パーラーチョキへ

そのパーラーがコチラ!!沖縄市コザのミュージックタウン内に店をかまえますパーラーチョキです。

パーラーチョキの店舗外観

ここが普通の弁当屋さんと違っていて、自分の好きなおかずが選べるビュッフェ方式を行っているんですよね。

「ビュッフェ方式?なんのこっちゃっ?」となるかと思うのですが、、、

このパーラーチョキでは、好きなおかずを選んで自分だけの弁当をつくれちゃうんです。

あーだーこーだ言うより、見てみた方が早いと思うので、実際に作ってみました!!

まずは、弁当のサイズを大か小から選びます。おかずにはみどり色、おれんじ色、きいろの札がついていて、それを選んでいくというシステム。大・小それぞれ選べるおかずの種類が変わってきます。

パーラーチョキのお弁当POP

弁当(大サイズ)・・・¥430

  • みどり ・・・3種類
  • オレンジ・・・1種類
  • きいろ ・・・1種類

弁当(小サイズ)・・・¥380

  • みどり ・・・2種類
  • オレンジ・・・1種類
  • きいろ ・・・1種類

弁当のサイズが決まったらみどり色の札がついたおかずを選びます。

パーラーチョキの選べる弁当おかず

にんじんしりしり、きんぴらごぼう、ふーちゃんぷるーなど、みどり色の札がついたおかずは最大で10種類から選ぶことができます。

続いては、オレンジ色の札がついたおかずを選びます。

マーボー豆腐

オレンジ色の札がついたおかずは中華風のものになっていて最大で2種類の中から選ぶことができます!!

そして、最後に黄色の札がついたおかずを選びます。

パーラーチョキの選べるお弁当のおかず

黄色の札がついたおかずは最大で4種類の中から選ぶことができます!!

すると、、、

パーラーチョキの弁当

写真:弁当(大)

パーラーチョキの弁当

写真:弁当(小)

このように、オリジナルの自分の好きなお弁当が完成!!

それに、弁当を購入した人は味噌汁も貰えるのが何気に嬉しいポイントです。

パーラーチョキのみそ汁

店長の國吉さんに話しを聞いてみた

この一風変わったビュッフェスタイルの弁当を行っているパーラーチョキの店長、國吉さんへ詳しいお話を聞いてみました。

パーラーチョキ店長の國吉さん

編集者:國吉さん、この方式ってかなり珍しいなーと思うのですが、、、

國吉さん:そうですよね。お客さんが自分自身で副菜やメインのおかずを取っていくバイキング方式の弁当屋さんは県内にもいくつかあるんだけど、お客さんが選んだものスタッフが入れていくこうゆう形でやってるのは多分ウチだけかも。

編集者:やっぱりそうですよね。いままで見たことがなかったので。

國吉さん:まぁ、沖縄県内の弁当屋さん全部を回ったわけではないんで分かんないんだけどね(笑)

編集者:なんで、こうゆうスタイルを行おうと思ったのですか?

國吉さん:実はこれって、台湾のスタイルを取り入れたものなの。

編集者:へ?台湾?

國吉さん:そう。台湾のある地域にはこういったスタイルの弁当屋さんがズラーっと並んでいるんです。私も見たことがなかったんだけど、「台湾ではビュッフェスタイルの弁当屋さんがポピュラーなんだ」という噂を聞きつけたんですよね。

で、スタッフと一緒にそういった台湾の弁当屋さんに足を運んだんです。まぁ視察という名の食べ歩きですが(笑)それで、私自身「これイイ!!」と思ったので取り入れました。

編集者:ほんとに良いと思います。私自身、好き嫌いが多いんで、作り置きの弁当を買うとき「メインは良いんだけど、まわりの副菜がイマイチだな~」と思うことが何度もあったので。

パーラーチョキ店長の國吉さん

國吉さん:まさにそう!!弁当ってメインのおかずは好きなんだけど、副菜があんまりってときがあったり、、、逆に副菜は好きなんだけど、メインがあんまりってときありますよね。

で結局、妥協して買っちゃうって経験誰しも1度はあると思うの。私自身も例外じゃなくって、だったら副菜からメインまで自分で選べたら最高だよねって。

編集者:ただ、正直大変じゃないですか?お客さんの立場だとすごい良いと思うのですが、國吉さん達を見ていると、大変そうだなと…

國吉さん:やっぱり分かっちゃう?(笑)ぶっちゃっけこっちはてんてこまいなんだけど、、、その分お客さんが喜んでくれるのならいいかなって。

おかげさまで、このビュッフェスタイルの方式をするようになってお客さんが喜んでいる手ごたえを感じますし、口コミでどんどんお客さんが来てくれているのを実感しますね。

まとめ

ということで、今回は沖縄市コザミュージックタウン内に店をかまえるパーラーチョキのビュッフェ方式弁当についてご紹介させていただきました。

コザには緑も多く遊具も豊富な八重島公園があるので、パーラーチョキで弁当を購入してピクニックに行くのもいいかもしれませんね。

ただ、ビュッフェ方式の弁当にかんしては無くなり次第終了とのことで、だいたい16時頃にはほとんどなくなってしまうそう。

それに、16時頃をまたずとも客足によって、おかずの種類がどんどん減っていくこともあるようなので、オープンしたばかりの11:30~13:00が狙い目だそうです。

ぜひ、パーラーチョキへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

お店概要

パーラーチョキ

パーラーチョキの店舗外観

【営業時間】

11:00~18:00

【定休日】

土・日・祝

【電話】

098-933-8448

【住所】

沖縄市上地1-1-1 コザミュージックタウン1F

コザで夜を楽しみながら泊まってみませんか?

CTA-IMAGE コザまちマガジンを運営しているNPOコザまち社中では、アーケードリゾートオキナワというホテルを運営しております。 沖縄県民かつ、平日なら県民割が適用されお得に泊まれちゃうんです!!